このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
やる気スイッチグループ
バイリンガル幼児園 キッズデュオインターナショナル
Kids Duo Internationalの魅力を様々なメディアに取材・掲載をいただいております。ぜひご一読ください。

メディアタイアップ記事一覧

子どもの英語習得のカギは何? 英語系YouTuberが話題のバイリンガル幼児園KDIに潜入取材!
※woman excite 2024年5月10日掲載
バイリンガルの英語系YouTuberとして人気のリサティ―さんが、共働きでも預けられると話題のバイリンガル幼児園、Kids Duo International(キッズデュオインターナショナル、以下KDI)のセンター南園に潜入取材!
英語系Youtuberとして人気のリサティーさんがセンター南園に潜入取材!
海外で育ち、自身のお子さんにもバイリンガル子育てを実践中のリサティ―さんが、英語教育はもちろん、運動、知育など幅広く力を入れているKDIをレポート!園児たちの英語力を見ていただいたほか、先生や保護者の方々へもインタビューし、KDI教育についていろいろな視点からレポートいただきました!
IQ170超、プログラミングは中学レベル・・・スーパーキッズの才能を伸ばしたKDIの教育とは
※Resemom 2024年5月7日掲載
この春にKids Duo International(KDI)三鷹を卒園した行之内 伯斗(ぎょうのうち はくと)くんはKDIで大きく才能を伸ばしたスーパーキッズのひとりだ。KDIでどのような生活を送り、家庭ではどう過ごして才能を開花したのだろうか。ご家族にインタビューを行った。
YouTuber・Kay&ZooKatsuが紐解くバイリンガル幼児園「Kids Duo International」の魅力
※Resemom 2023年8月18日掲載
【共働き家庭も通える!】話題の「バイリンガル幼児園」KDIってどんなところ!? 説明会に潜入してみた!
※woman excite 2023年8月16日掲載
英語教育・知育・運動……理想のカリキュラムが詰まったバイリンガル幼児園がすごすぎる!
※with class 2023年6月26日掲載
タイムパフォーマンスの良い家庭、悪い家庭の差って?「時間がない」のイライラから解放される幼児園とは
※with class 2023年6月12日掲載
バイリンガル幼児園って実際どうなの?保護者の声をリアルレポート!
※with class 2023年5月30日掲載
幼児教育で大切なたったひとつのこと「子どもの“楽しい”を引き出す」方法とは?
※with class 2023年5月15日掲載
【専門家が解説】2歳から始める幼児教育。たくさんの成功体験で育む「自分力」って?
※Conobie 2023年5月1日掲載
イヤイヤ期の子どもとどう向き合う? 初めての集団生活で親ができるサポートは? 自己肯定感を高める親の接し方は? 2歳前後の子どもとの関わり方で意識したいことを、幼児教育のプロであるバイリンガル幼児園 Kids Duo International(KDI)の小野木文香先生と服部麻衣先生に教えていただきました。
幼児教育の新たな選択肢!ワーママの願いを叶える「オールインワン保育」を知っていますか?
※with class 2023年5月1日掲載
仕事に育児にと毎日バタバタで、子どもの教育についてもそろそろ考えなきゃ……と思いつつ日々が過ぎていく。そんなwith class編集部の中山が、2歳半の息子とともにキッズデュオインターナショナル(KDI)の体験授業を受けてみたところ、その内容がすごすぎて感動……! 幼児教育の最先端をレポートします!
スポーツ能力は遺伝しない!
“運動神経”を小3レベルに導く運動指導とは?
※FQ男の育児 2022年5月1日掲載
「親が運動オンチだから、わが子も……」と悩むパパに知ってほしいのは、「運動神経は遺伝しない」ということ。科学的な知見に基づいたプログラムで小学3年生レベルの運動能力を目指すという、キッズデュオインターナショナルの運動指導をのぞいてみよう。
不確実な未来を生き抜く「自分力」
―バイリンガル幼児園が選ばれる理由―
※SmartNews 2020年8月17日掲載
「幼稚園か保育園か」の二択だった親世代とちがい、現在はいろいろな選択ができるようになりました。選択肢が豊富にある分、迷う一因にもなっています。このような多様化した幼児教育の中でも大きな注目を浴びているのが、「バイリンガル幼児園」。
現在、幼稚園や保育園と並んで「バイリンガル幼児園」を第三の選択肢に入れる家庭が都内・大都市圏を中心に年々増えつつあります。

なぜ今、バイリンガル幼児園は親たちから支持されるのでしょうか?
今回はバイリンガル幼児園が選ばれる理由について迫ります。
YoutuberのKay&ZooKatsuさんがセンター南園を取材に
アメリカで生まれ育ったkayさん、日本育ちのZooKatsuさんが センター南園に取材にいらっしゃいました。Kayさんと園児たちが英語で会話をする様子や、レッスンの様子を撮影していただきました。

kayさんからは 「こんなに英語話せるの!」「こんなことアメリカではしなかったよ!」 と驚きの声。Zookatsuさんからは 「自分が通いたかった!」 という感想も…!ぜひご覧ください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
© YARUKI Switch Group All Rights Reserved.